施工事例

2016年5月27日

皆様ご無沙汰しております。さんふらわーです。

だんだんと夏の匂いがしてきてエアコンが恋しい季節になってきましたね!

エアコンなどお困りの事がございましたら是非”さんふらわー„まで!!

と、前置きはここまでにして今日は少し前に茨城県にてやらせていただきました

H様野立て産業用太陽光の施工事例をご紹介させていただきたいと思います。

茨城県古河市南間中橋にあります、およそ4474㎡の敷地に262.08KWの太陽光発電所をつくります。


施工前の土地の状態はこういう状態でした。


茨城県にある協力会社のムラレンジャーさんがとても綺麗に

整備してくださいました。


茨城県での生活が始まりフェンス工事に取り掛かったところで大雪がふりました。

さんふらわーの地元熱海ではなかなか体験しない出来事に雪掻きから車の運転から

慣れていない雪にてんてこ舞いでした。


野立て太陽光の架台の足元部分の土台の工事を行っていきます。

スクリュー工法といって大きなねじをねじ込む工法で強力な支持力を

発揮する基礎工法です。

架台まで完成させたら、パネルをのせていきます。


1008枚のパネルを協力会社(ムラレンジャーさん、アイエーホームさん)の皆さんとそれぞれの島に分かれて

どんどんのせていきます。


発電した電気を売電する為の電気に変えるパワーコンディショナーの数は10台です。


10台のパワコンから来る電気がこのキュービクルでひとつになります。


防犯カメラを7台設置しました。

カメラよしっかりとした監視を頼むぜ!!


ついに完成です!!

およそ2ヶ月半茨城県へ滞在して、雨の日も雪の日も一生懸命施工させていただきました。

もちろん辛い事も苦しい事もありました。

だけど、この現場をやり遂げて大きな自信をもつことができました。

今は感謝の気持ちでいっぱいです。

施主様をはじめ、協力会社の皆様方、茨城県工事現場の近隣の皆様方、この工事に携わった皆様方に心より深く御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

そして、さんふらわーこれからも一生懸命頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。